素晴らしい印鑑の材質

  • RSS

印鑑や社印を作る時、印鑑を押した際に、その印影がきちんと綺麗に出るかどうかも気になるところですが、やはり気になるのがその材質です。
現在、印鑑に使われている材質として、水牛、ツゲ、黒檀、彩樺など様々なものが用いられているようですが、種類も値段も様々で、一体どれが一番いいのか?と、悩まれることも大変多いと思います。

では、それぞれの材質によって、印影に差が出てきたり、持ち味に違いが出てきたりするのでしょうか。
例えば水牛は、硬さや持ちがよく、朱肉のつきやすさがよいということから、よく使われている材質だそうです。
また、水牛にも黒水牛、オランダ水牛と種類があり、水牛は比較的手頃で手に入りやすい値段なのに対し、オランダ水牛はその色の美しさと比例してか、水牛よりも少し高めのお値段になっているようです。

ただし、どちらとも硬さや朱肉のつきやすさなどは、双方ひけを取らない様子です。
次にツゲ(柘植)ですが、こちらは木製の材質ということで、水牛に比べるととても安価で手に入り、大事に扱えば10年くらいは綺麗な印影のまま使用できるという材質だそうです。
ただし、やはり木製の為、欠けができやすいのが欠点だそうです。
会社などで社印として使用する場合には、安価で沢山手に入りますので、よく使われる材質といえそうです。

黒檀は言わずと知れた高級材質ですね。
植物の中でも非常に硬いと言われている黒檀は、やはり長年使う印鑑の材質としては、とても素晴らしいものだと思います。
彩樺は、なんでも人工で作られた新しい木材だそうです。
森林伐採による環境破壊を少しでも少なくするために、環境団体が推薦している木材だとか。しかもこの材質、とても硬く作られてあるそうで、長年使えるという点でも環境に優しい木材といえそうです。
自分の好みの材質を知り、自分だけのオリジナル印鑑や社印を、ぜひ手に入れたいものですね。

〔お役立ちWEBサイトご紹介〕
高級印材の象牙や黒水牛印鑑、個人印・会社印セットは、比較をしてからの購入をおすすめします。
印鑑の比較サイト《印鑑ネット》では、 低価格で確かな品質の印鑑を、お客様の使用用途別にご紹介しております。
あなたの印鑑購入に是非お役立てください。
印鑑は重要
http://www.allyoucaneatlovediet.com/
コントラストがキレイな牙次印鑑
http://www.basquehollywood.com/

このページの先頭へ